• 災害拠点病院
  • 地域医療支援病院
  • 厚生労働省指定臨床研修病院

〒349-1105 埼玉県久喜市小右衛門714-6

代表電話0480-52-3611

テキストサイズの変更

HOME >> 臨床研修プログラム

 当院は全国に80ある済生会病院の1つで、東京女子医科大学特定関連病院という特徴を有しています。
そのため常に最新医療を導入する姿勢を持ち続け、診療と共に臨床研究にも力を注いでおります。また、当院は、東京女子医大をはじめ全国の医科大学から、地域医療のなかで真に質の高い医療サービスを提供したい、そのためには知識と技術の向上に向けた研鑽を惜しまない、ひたむきな医師が参集しています。 

 新医師臨床研修制度が始まって以来、東京女子医科大学の協力施設として「地域医療」「小児科」の研修医を受け入れるとともに、平成19年度からは管理型病院として初期研修医を受け入れています。

 初期研修終了後、後期研修でさらに臨床を重ねることや大学で基礎・臨床研究に従事し、研究業績を積んでいく道も開かれています。すなわち研修医時代に学ばなくてはいけない臨床経験を豊富に提供でき、キャリアアップしたいと思う研修医のさまざまな要望にも応えることができるのではないかと確信しています。


研修医の皆さんの入職を心から歓迎いたします。是非一度見学にいらしてください。

エントリー・お問い合わせ


病院説明会

   

済生会栗橋病院臨床研修プログラム

初期研修

■プログラムの名称 済生会栗橋病院臨床研修プログラム
■プログラム責任者 病院長 : 長 原 光
■プログラムの特色 厚生労働省より提示された必修項目を十分に研修できるよう、このプログラムを通じて、研修医のプライマリ・ケア診療、救急医療の基本が習得できる。各診療科の指導医も多く、研修医に十分指導できるよう配慮している。
■プログラムの概要 (1)研修目標

A.基本的目標
1. 医療全般において基本的診察能力(知識、技術、態度、判断力)を取得する。
2. プライマリ・ケア診療の基本を習得する。
3. 救急患者への対処を習得する。
4. 患者・家族へのインフォームド・コンセントを尊重した医療を習得する。
5. 末期患者への対処を習得する。
6. 生涯にわたる自己学習の習慣を身につける。

B.基本的方針
1. 2年間の研修は各診療科及び協力施設との連携のもとに、病院長が責任をもって行う。
2. 知識、技術のみならず、意欲、コメディカルとの協調性、患者とのコミュニケーション能力も
重視する。
3. 研修管理委員会で指導医の評価、研修医のプログラムの進行状況を適時チェックする。
また適時、研修に必要な勉強会を含めた講習を実施する。
4. 各診療科で研修医を指導する体制を整えている。

(2)研修計画
一年次においては、オリエンテーションを含め、内科、外科、救急・麻酔の研修を行い、
二年次には、小児科、地域医療、精神科、産婦人科を行い、選択科として7ヶ月間の研修を行う。
研修期間は4月から開始し、2年後の3月31日に終わる。

■処遇及びその他 (1)研修医身分
常勤職員

(2)研修手当
1年次(税込み):月額 291,500円・賞与年 583,000円
2年次(税込み):月額 358,990円・賞与年 717,980円
(賞与:2ヶ月/年間)

(3)勤務時間
9時00分~17時30分
時間外勤務:当院規程の時間外手当支給
当直勤務 :当院規程の宿直手当支給(月3~4回程度)

(4)休暇
有給休暇:1年次 10日間・2年次 13日間
夏期休暇(4日間)・年末年始休暇(12/29~1/3)・開院記念日(7/1)・慶弔休暇

(5)宿舎
単身用ワンルームを無料貸与(光熱費病院負担)・研修医用の個室あり(医局内にも机あり)

(6)保険加入
健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険

(7)健康管理
年2回の職員健康診断実施。(HB抗体含む)
オリエンテーション時における、ツベルクリン検査の実施。
希望によりインフルエンザワクチン・HBワクチンの無料接種が可能。

(8)医師賠償責任保険に関する事項
病院賠償責任保険加入

(9)外部研修活動
学会、研修会への積極的参加を可能とし、当院出張規程に基づき費用が支給される。

(10)外部への勤務(アルバイト)
研修期間中は当該病院の定める施設以外での職務を禁止し、臨床研修に専念する。

ページ上部へ ↑

後期研修

診療科別後期臨床研修プログラム概要

■処遇及びその他 (1)身分
常勤職員

(2)研修手当
3年次(年収):650万円~
4年次(年収):700万円~
5年次(年収):750万円~
通勤手当・住宅手当・医師手当
時間外勤務:当院規程の時間外手当支給
当直勤務 :当院規程の宿直手当支給

(3)勤務時間
8時30分~17時00分


(4)休暇
有給休暇:1年次 10日間・2年次 13日間 ・4年目15日間・7年目以降20日間
(未消化分の年次休暇は翌年まで繰り越しを含めて最大40日)
夏期休暇(4日間)・年末年始休暇(12/29~1/3)・開院記念日(7/1)・慶弔休暇

(5)宿舎
単身用ワンルームを無料貸与(光熱費病院負担)・研修医用の個室あり(医局内にも机あり)

(6)保険加入
健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険

(7)健康管理
年2回の職員健康診断実施。(HB抗体含む)
オリエンテーション時における、ツベルクリン検査の実施。
希望によりインフルエンザワクチン無料接種が可能。

(8)医師賠償責任保険に関する事項
病院賠償責任保険加入

(9)外部研修活動
学会、研修会への積極的参加を可能とし、当院出張規程に基づき費用が支給される。

(10)外部への勤務(アルバイト)
研修期間中は当該病院の定める施設以外での職務を禁止し、臨床研修に専念する。

(11)院内保育室完備(24時間)
病児保育制度有り。

■循環器内科 わが国における心臓血管疾患は増加の一途をたどっており、これに対応するため診断法や治療 法も急速な進歩を遂げつつある。循環器科における後期研修システムは、心血管疾患の総合的 な理解から専門性の追求、全人的な医療を提供できる人材を育成することが目的である。また、 循環器専門医の資格所得や臨床研究推進能力の育成も目的としている。
■消化器内科 消化器内科疾患全般についての知識と技術を習得し、その知識、技術を実際の臨床に応用できる能力をもつ医師の養成を目指す。また救急疾患を含めた重要な内科疾患の初期治療の習得もあわせて行う。
■呼吸器内科 呼吸器科医としての基本的知識および基本的診療技術の習得を目標とする。
■腎臓内科 腎臓専門医としての基礎知識や病態生理、およびエビデンスに基づいた治療に対する考え方と技術を習得することをめざす。腎臓の生理的役割および構造上の特徴を理解し、高血圧症、水―電解質、酸―塩基平衡の理解、腎炎やネフローゼ症候群の病態の理解および診断・治療、慢性腎不全の病態理解と保存期の治療、慢性透析の導入期の治療(血液透析)そして維持透析期の全身管理など、腎疾患の知識および技能の習得をめざす。
■小児科 「埼玉県済生会栗橋病院小児科後期研修プログラム」(卒後3年目以降の選択)は、3年間で小児診療の基本を修得するコースです。
特徴は、少人数(各学年2名以内) 精鋭のマンツーマン教育です。小児科のジェネラリストを育成します。
1年目 病棟と救急外来を研修の基軸とし、小児診療の基本手技、輸液療法や栄養といった基本事項を修得します。個別の講義も行います。毎日の朝回診に始まり夕回診まで、一日中学習です。小児科チームの一員として小児科指導医のみならず小児科専門看護師などその他の小児医療に関る全てのスタッフからも多くを学びます。小児科に留まらず、全職種に渡り病院全体が一丸となって教育に当たります。後半には研究会での症例報告を始めます。
2年目 後輩の指導の任を担いながら自らの研修を続けます。病児ケアーの多様性を学びます。
技術の修得にも力を入れます。病棟カンファランスや勉強会では主導的立場になります。発展期です。
3年目 病棟では責任をもって主治医の任を担います。一般外来診療の一部を担当し、一人で病児の診療ができるようになるための術を発展させます。チーフ研修医として後輩の指導に当たります。3年間での経験を研究会や学会で報告します。より専門性のある診療への発展希望者には、東京女子医科大学はもとより他の希望施設との進路の折衝に協力します。勿論、当院スタッフとしての進路も選択枝の一つです。
■外科 初期臨床研修を発展させ、適切な臨床的判断能力と問題解決能力の修得および手術を適切に実施できる能力の修得を追求します。さらに、コメディカルと協調し、診療現場においてチームリーダーとなれる、意識の高い臨床医を目指します。
■脳神経外科 幅広い脳神経外科の知識と技量を身につけ、豊かな人間性と協調性を養い、脳神経外科医として医療全体に貢献することを目標とする。
■泌尿器科 当科では尿路悪性腫瘍,排尿障害,結石治療を主に行っている。特に悪性腫瘍については年間前立腺癌新規患者70 名程度が受診し,県下でも有数の症例数を誇る。腎腫瘍に対しては積極的に鏡視下手術を行っており,免疫療法などのオプションも行っている。手術に対し補助療法としての抗癌剤の使用経験も豊富で,外来抗癌剤療法も含め数多くの治療を行っている。
■眼科 眼科の診断治療に関する基礎的な知識と技術を習得し、特に地域基幹病院における頻度の高い疾患に関しては、一人で外来診療がこなせる能力を持つ医師を養成することである。特に視覚は情報の90%を担う重要なものである。眼科医として、患者様の生活の質の向上に貢献できるように、臨床診療を通して、患者様の心までケアできる医師を育成したいと考えている。

ページ上部へ ↑