• 災害拠点病院
  • 地域医療支援病院
  • 厚生労働省指定臨床研修病院

〒349-1105 埼玉県久喜市小右衛門714-6

TEL 0480-52-3611

HOME >> 診療科・部門案内 >> 看護部教育システム

 1年目は、新人看護師研修制度の項目に則り、教育委員会が中心となり年間計画の下、教育を行っています。4月は、ほとんど集合教育と日常生活援助です。この時期は初めての環境、初めての社会人のため元気に病院に通勤できれば“良し”です。そして6月位よりプリセプターと共に夜勤に入ります。ただし、その方の状況を見ながらなので、すべて6月から夜勤に入るわけではありません。一応、10月から一人立ちを予定していますが、最近は1年間かけることが多いです。

 当院は「済生会看護職員教育指針」に則り、当院看護部のクリニカルラダーを作成し教育計画を作成しています。集中治療室(ICU)や手術室(OPE)は、各々でクリニカルラダーを作成しています。
 3年目までは、すべて時間内で研修を行います。土曜日を使用したら代休発生です。

卒後教育イメージ
継続教育制度 ~ 学ぶたい意欲に応える
看護部では、ラダー方式により段階的教育計画を推進しています。新人ナースは「指導を受けながら個々に必要な看護援助を行うことができる」、2年目はメンバーシップ教育として「患者様に安全安楽を第一に、専門職としての働きができる」、3年目はプリセプターを経てリーダーシップとして「確立された看護観の基、適切な援助方法がわかり実施し、かつリーダーシップを発揮できる」という目的で、集合教育を行っています。4年目以上のナースも、下記のようにそれぞれの教育計画に基づいて実施しています。

継続教育
認定看護師支援制度 ~ キャリアアップを支援
日本看護協会認定看護師制度の目的は、特定の看護分野において熟練した看護技術と知識を用いて、水準の高い看護実践のできる認定看護師を育成し、看護ケアの広がりと質の向上を図ることにあります。

認定看護分野は、救急看護、創傷・オストミー・失禁(WOC)看護、重症集中ケア、ホスピスケア、がん性疼痛看護、がん化学療法看護、感染管理、訪問看護、糖尿病看護、不妊看護、新生児集中ケアなど、17分野にのぼります。

認定看護師

認定看護師とは 日本看護協会が特定の看護分野について、優れた知識と熟練した看護技術を持つと認定した看護師のことです。

認定を受ける専門場所で5年の実務経験の後、試験を受けます。合格したら6ヶ月間大学で学んだ後、再度試験を受け、合格後晴れて認定看護師として活躍を始めます。

当院には現在7名の認定看護師が勤務しています。