• 災害拠点病院
  • 地域医療支援病院
  • 厚生労働省指定臨床研修病院

〒349-1105 埼玉県久喜市小右衛門714-6

代表電話0480-52-3611

テキストサイズの変更

HOME >> おくすり手帳を持ちましょう!

おくすり手帳を持ちましょう!

診察を受ける際には、"お薬手帳"をお持ちください。  

"お薬手帳"とは、患者さんに処方されたお薬の名前や飲む量、回数、飲み方、注意することなどを記録することができる手帳です。

病院や診療所で診察を受けて、調剤薬局でお薬を受取るときに「お薬手帳をお持ちですか」と聞かれた経験をお持ちの方が多いと思います。

この記録がありますと、診察を受ける際に医師・歯科医師や薬剤師が他の病院や診療所からもらっているお薬も含めて、どのような薬ををどのくらいの期間使っているかなどを判断できます。

そのため、医師・歯科医師や薬剤師にこの手帳を見せることで "同じお薬が重複していないか" "飲み合わせの良くないお薬が処方されていないか" "副作用のある薬はないか"といったことも確認してもらえます。

また、手術や出血を伴う検査を受ける際には、血液の流れを良くする薬を服用されている方はその薬を服用するのをあらかじめ中止する必要があるためその確認や、造影剤を使用する検査の際の副作用のある薬などの確認などもしてもらえます。

"お薬手帳は"皆様の健康を守るためにお薬を管理する大切な手帳です。

以下のご利用方法を参考に皆さん是非お持ちになってください。(お持ちでない方は、保険薬局や病院薬局の薬剤師にお尋ねください。)

  • 病院や診療所、歯科診療所、薬局へ行く際には毎回必ず持って行きましょう。
  • 何冊ももたずに1冊にまとめましょう。(必要なチェックができなくなります。)
  • アレルギーのあるお薬や副作用のあるお薬、病気の主な既往歴なども記録してください。
  • お薬について、分からないこと、困ったことがあるときは手帳にメモをしておきましょう
  • あなたがもらったお薬の記録(薬歴)になりますので、大切に保管してください。
  • 薬局で買った市販のお薬も忘れずに記録してください。
  • 病院や薬局でお薬の名前等を書いた説明書を渡された場合は、この手帳と一緒に保管してください。