平成27年度 社会福祉法人 恩賜財団 済生会支部 埼玉県済生会 栗橋病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 594 213 93 155 361 672 1901 2419 1380 247
当院は埼玉県北部の地域医療支援病院として幅広い年齢層の患者さんを診察しています。過去4年間と比較しても0~60歳未満までは大きな変動はなく、60~90歳未満までの年齢層が年々増加傾向にあります。その中でも特に70歳以上の増加が著しく増加しているといえます。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 346 2.90 3.06 0.00 68.67
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 198 5.51 4.86 1.52 69.40
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 72 10.79 13.25 0.00 67.49
この地域で循環器専門的診療のできる数少ない施設のひとつであり、利根医療圏の中でも多くの循環器疾患の患者さんを治療しています。また、「狭心症・慢性虚血性心疾患」においては、多くの合併症を伴う患者さんも多く診療しています。
急性心筋梗塞や狭心症のカテーテル治療においては県内有数な治療実績があり、心筋梗塞の救命率やカテーテル治療の成績は、全国的に見ても高いレベルを維持しています。また、心疾患以外にも、閉塞性動脈硬化症など末梢血管疾患に対するカテーテル治療も専門的に施行しており、着実に成果を上げています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 250 7.34 6.30 0.00 3.93
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満) 手術・処置等2なし 97 5.44 5.71 0.00 6.13
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2なし 50 5.78 5.54 0.00 1.74
当院の診療圏は、決してこども達の診療施設の多い地区ではありません。したがって発熱や風邪ひきから急性扁桃炎等、入院治療の必要なこども達で、全ての疾患の対応に努めています。夜間急病診は、2病院で輪番体制を組んでいます。
呼吸器系疾患である小児喘息、肺炎を数多く診ていますが、川崎病、ネフローゼ症候群に対する入院治療も行っています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x003xx0x 鼠径ヘルニア手術(両側)、腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術あり 80 3.40 4.96 0.00 66.80
060035xx0100xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 58 16.79 17.40 0.00 69.40
060335xx0200xx 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 40 8.55 7.84 0.00 59.13
当科では、院内の各専門内科と連携し癌から腎臓移植まで幅広い分野に取り組んでいます。鼠径ヘルニア、胆石症、胆嚢ポリープ、胃癌、大腸癌、虫垂炎に対して腹腔鏡下手術を施行、また気胸、肺癌に対して胸腔鏡下手術を施行し、身体に優しい低侵襲手術を提供しています。
鼠径ヘルニアにおいては、利根医療圏内で最も多くの手術実績があり、腹腔鏡下での手術を積極的に行い、早期退院を心掛けています。
また、その他の症例にもクリニカルパスを使用し標準的、効率的な治療をめざし平均在院日数の短縮にも心掛けています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 41 34.63 28.69 36.59 81.20
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 26 29.46 21.51 26.92 81.46
070341xx97xxxx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 頸部 その他の手術あり 15 26.67 22.82 13.33 72.87
平成26年度より始まった整形外科では「筋骨格系疾患」が多く、特に腰部脊柱管狭窄症、頸椎症性脊髄症、腰椎椎間板ヘルニアでの疾患を多く診ています。
※平成28年6月現在、整形外科の入院治療は行っていません。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 33 7.18 10.02 0.00 73.00
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 30 22.87 18.08 50.00 71.00
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 20 20.95 19.32 40.00 65.15
脳梗塞は、発症から短時間に治療を開始することにより、神経症状を軽減させることが出来る疾患です。当施設では、超急性期治療としてt-PA静注療法、カテーテルによる血栓回収療法等を行っています。また、リハビリテーションを含めた治療を出来る限り早期に開始することを心がけています。そのため、全国的にも平均在院日数は短くなっています。また、回復期リハビリテーション施設と連携することにより、早期の自宅復帰を目指しています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患、水晶体再建術あり 410 4.0 3.01 0.00 74.2
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり片眼 - - 9.56 - -
020250xx97xxxx 結膜の障害 手術あり - - 3.20 - -
当科では、最新の小切開創による超音波水晶体乳化吸引術で白内障手術を行っています。単焦点眼内レンズをはじめ、トーリック(乱視矯正)眼内レンズ、先進医療の「多焦点眼内レンズ」を用いた水晶体再建術を行っています。
症例数では上位にありませんが、眼瞼や外眼部疾患の手術も行っております。他にも眼底疾患(糖尿病性網膜症、加齢黄斑変性、網膜静脈閉塞症、網膜動脈閉塞症)に対して、光干渉断層計(OCT)や他科との連携をとりながら蛍光眼底造影検査などを行い、レーザー治療、ステロイドの注射や抗VEGF薬(血管内皮増殖因子阻害薬)の硝子体内注射、高圧酸素療法などの治療を行っています。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030428xxxxxxxx 突発性難聴 35 10.03 9.60 0.00 53.46
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 28 7.14 7.75 0.00 56.61
030280xxxxxxxx 声帯ポリープ、結節 11 4.64 5.62 0.00 51.27
急性感音難聴(突発性難聴、低温障害型感音難聴など)に対して、ステロイド、プロスタグランディン、漢方薬、高気圧酸素療法などを用いて治療しています。
副鼻腔炎をはじめとする鼻副鼻腔疾患の内視鏡下手術を行っています。アレルギー性鼻炎に対し、特に鼻閉が強い場合は入院手術も行います。アレルギー性鼻炎の免疫療法(ダニ、スギ)を行っています。
中耳炎をはじめとする伝音難聴の手術的治療を行っています。疾患によっては日帰り手術にも対応しております。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 38 18.66 18.08 13.16 73.37
010060x099000x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 17 13.76 15.79 5.88 70.18
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 12 29.25 21.68 25.00 67.58
利根医療圏で神経内科専門診療を積極的に行っている数少ない医療機関の1つで日本神経学会の準教育施設です。
髄膜炎、痙攣重責、ギラン・バレー症候群などの神経救急疾患を主に、慢性炎症性髄膜性多発神経炎や重症筋無力症、多発性硬化症筋炎などの神経免疫疾患の治療も行っています。パーキンソン病患者の誤嚥性肺炎、嚥下障害の治療にも力を入れています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991xxx 前立腺の悪性腫瘍、前立腺針生検法 156 2.00 2.72 0.00 70.90
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 108 7.47 7.59 0.00 72.36
11012xxx040x0x 上部尿路疾患 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 手術・処置等1なし 副傷病なし 85 2.38 2.89 0.00 56.78
近年の前立腺癌の増加に伴い早期発見に力を入れています。当院でも前立腺生検の件数が、昨年に引き続き、多くを占めています。当科では、原則1泊入院で局所麻酔下に除痛した上で生検を行っており、症例によっては入院なしの生検も可能です。
また、尿路結石症については保存的治療が有効でないと判断された場合は、十分な説明を行った上で体外衝撃波結石破砕術(ESWL)や経尿道的尿路結石除去術(TUL)を行っています。
上記以外にも腎結石に対する経皮的腎結石破砕術(PNL)も行っています。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 119 12.02 14.34 0.84 69.95
110080xx991xxx 睡眠時無呼吸、終夜ポリグラフィーあり 114 2.00 2.07 0.00 55.50
040040xx99100x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 105 2.29 3.29 0.00 70.95
呼吸器内科では対象疾患として気管支喘息、肺気腫、慢性呼吸不全、肺炎、自然気胸など、呼吸器疾患全般に渡り幅広く診療を行っています。気管支喘息や肺気腫などの慢性閉塞性肺疾患は、当科の中心を占める疾患であり、薬剤科による吸入指導、重症慢性呼吸器不全患者に対する在宅酸素療法、在宅人工呼吸器の導入を行っています。近年増加の著しい肺癌については、胸部CT・MRI検査・気管支鏡検査や呼吸器外科との連携による胸腔鏡下肺生検などを用いて診断を行い、症例に応じて外科療法、化学療法など集学的癌治療を目指しています。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 83 9.37 13.63 1.20 69.42
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群 手術なし 手術・処置等2なし 26 32.12 23.89 0.00 54.65
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 副傷病なし 23 12.13 15.39 0.00 63.30
当科では主に腎炎、ネフローゼ症候群、慢性腎臓病などの腎疾患全般、その他膠原病、水・電解質異常の患者さんの診療を行っています。
また、現在36台の血液透析ベッドを備え、約100名の外来患者さんが維持透析を受けています。慢性腎臓病の維持血液透析のみならず、膠原病や肝不全時の血漿交換療法、家族性高脂血症や閉塞性動脈硬化症に対するLDL吸着療法、潰瘍性大腸炎に対する白血球(顆粒球)吸着療法等の特殊な治療も手がけています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx03xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍も含む)その他の手術あり 446 2.40 0.00 66.90
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2なし 156 14.66 11.97 0.00 73.27
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 64 22.75 10.93 2.70 73.52
当科では消化器内科全般に幅広く対応しています。特に内視鏡治療や内視鏡的逆行性膵胆管造影をはじめとして、消化器領域でのインターベンションに力を入れていて県内有数の症例数をもっています。
肝・肝内胆管の悪性腫瘍は、主には肝細胞癌、一部が転移性肝癌です。これらの疾患に対して経カテーテル的肝動脈塞栓療法を行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 31 25 26 43 10 18 1 7
大腸癌 25 21 45 39 8 21 1 7
乳癌 - 18 - - - - 1 6,7
肺癌 22 12 30 76 33 47 1 6,7
肝癌 43 17 17 - 10 79 1 6,7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院での肝癌における再発の件数が79件と多いのは、TAE(肝動脈塞栓術)目的の繰り返しの入院が多いためとなっております。
また、ステージの不明件数が多いのは、肺生検やTBLB目的による検査入院が多いことが原因と考えられます。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 30 10.07 56.90
重症度 1 48 12.25 73.40
重症度 2 45 16.71 78.36
重症度 3 20 12.50 80.75
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 - - -
軽症(重症度0)の場合は外来治療が基本となりますが、患者さんの状態によって入院しての加療となる場合があります。
成人市中肺炎の重症度別患者数は、中等症(重症度1、2)の患者数が93人と一番多くなっています。評価項目の一つに年齢(男性70歳以上・女性75歳以上)があるため、高齢化による影響で中等症になりやすくなる状況があると考えられます。
また、重症度が高くなるにつれ、平均年齢が上がっていることから、高齢化に伴い重症度が高い患者さんが増加することが予想されます。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 10 6.50 71.40 0.00
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 161 24.8 75.46 31.46
その他 17 22.94 73.65 3.93
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 13 6.38 72.62 0.00
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - - - -
脳梗塞とは、脳に栄養を与える動脈の閉塞、または狭窄のため、脳虚血を来たし、脳組織が酸素、または栄養の不足のため壊死、または壊死に近い状態になることをいいます。また、それによる諸症状の脳梗塞と呼ばれる事があります。この指標では、発症日の違い(急性期、慢性期)による転院率、入院期間の違い等について示しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 16 0.00 1.00 0.00 71.38
K7212 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上)
大腸内視鏡検査で大腸のポリープが発見された場合、癌化する可能性のある腺腫性ポリープが治療の対象となります。以前までは外科的な手術が必要でしたが、現在では内視鏡を用いてのポリープ切除が可能となり基本的には1泊2日入院で治療を行います。
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 250 2.99 3.57 0.40 69.62
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 101 2.01 6.66 20.79 75.06
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 45 0.11 9.22 0.00 71.16
冠動脈ステント留置術の治療実績は年々増加傾向にあります。また、近年では四肢の血管拡張術・血栓除去術を積極的に受入れ、多くの治療実績を残しています。また、経皮的冠動脈ステント留置術、冠動脈形成術が増加傾向であるため、治療後の定期検査での心臓カテーテル検査の入院も多く診ています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 83 1.22 1.46 0.00 67.33
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 75 1.89 5.24 0.00 59.93
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 42 3.62 11.17 0.00 68.00
鼠径ヘルニア手術、腹腔鏡下胆嚢摘出術は、利根医療圏の中でも症例数が多く、当院では積極的に腹腔鏡下での手術を行っています。また、上記に示した症例数の多い手術だけでなく多くの症例にクリニカルパスを用いて効率的なムダのない治療を行っています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨) 38 5.13 26.16 34.21 73.87
K0811 人工骨頭挿入術(股) 15 7.40 30.40 33.33 81.20
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 15 3.53 22.13 13.33 72.87
平成26年度より始まった整形外科では「筋骨格系疾患」が多く、特に腰部脊柱管狭窄症、頸椎症性脊髄症、腰椎椎間板ヘルニアでの疾患を多く診ています。
※平成28年6月現在、整形外科の入院治療は行っていません。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 27 0.78 8.37 0.00 74.63
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) 11 0.18 34.82 81.82 63.36
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 10 4.10 39.20 30.00 64.70
慢性硬膜下血腫は症例数が多い為、クリニカルパスを用いて短期間の入院となっています。頸動脈狭窄症に関しては症例毎に頸動脈ステント留置術、頸動脈内膜剥離術の適応を決めます。脳動脈瘤に関しても症例毎にクリッピング術、コイル塞栓術の適応を決め、24時間365日開頭手術、血管内治療が可能な体制を整えています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合) 410 0.98 2.00 0.00 74.21
K2682 緑内障手術(流出路再建術)
K224 翼状片手術(弁の移植を要する)
2015年は患者さんのご希望に沿い、日帰り手術、入院(片眼のみ手術、もしくは両眼の手術)などの対応をさせていただきました。また、白内障に対する水晶体再建術は在院日数短縮化を進め早期退院できるよう取り組んできました。
今後、手術種類を増やし、より患者さんのニーズに合った医療を提供してまいります。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 17 1.24 5.65 0.00 60.88
K300 鼓膜切開術 15 2.80 7.47 0.00 52.20
K340-4 内視鏡下鼻・副鼻腔手術2型(副鼻腔単洞手術) 11 0.73 3.73 0.00 59.18
耳鼻咽喉科では、慢性副鼻腔炎の症例も多く、症例によって鼻中隔矯正術、粘膜下下鼻甲介骨切除術、上顎洞篩骨洞根治術などの同時に複数の手術を行います。また、扁桃周囲膿瘍、慢性扁桃炎に対する口蓋扁桃手術も行っています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 103 1.99 4.44 0.00 72.47
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 85 0.36 1.01 0.00 56.78
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 67 1.76 3.04 0.00 57.96
体外衝撃波腎・尿管結石破砕術は、利根医療圏内の中でも数多くの症例数を行っています。また、膀胱悪性腫瘍手術においても利根医療圏内の医療機関の中でも最も多くの症例数をこなしています。上記の膀胱悪性腫瘍手術の平均術前日数は2.2日となり昨年度と比較すると0.8日短縮されています。腹腔鏡下による前立腺悪性腫瘍手術も積極的に行っており、今後も効率よく早期退院できるように取り組んでいきます。
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント設置術 21 17.81 36.05 23.81 74.52
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) - - - - -
K607-3 上腕動脈表在化法 - - - - -
当科では維持透析を行っている患者に対して内シャント設置術、動脈表在化、血管移植術、バイパス移植術を行います。
また、IgA腎症に対する治療法の一つとして、口蓋扁桃手術を耳鼻咽喉科医師により行います。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 460 0.44 1.56 0.00 66.97
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 161 4.01 10.35 0.00 73.03
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 104 8.7 18.01 3.85 79.63
大腸内視鏡検査で大腸のポリープが発見された場合、癌化する可能性のある腺腫性ポリープが治療の対象となります。以前までは外科的な手術が必要でしたが、現在では内視鏡を用いてのポリープ切除が可能となり基本的には1泊2日入院で治療を行います。ENBDとは総胆管結石で胆管炎や閉塞性黄疸をおこした場合に行います。ドレナージチューブを用いて胆汁を鼻から体外に出す方法です。内視鏡的胆道ステント留置術は、胆道癌による胆管閉塞から閉塞性黄疸をきたすため、胆管内にステントを挿入し黄疸や胆管炎に対する治療方法です。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 12 0.15
180010 敗血症 同一 17 0.21
異なる 11 0.14
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 85 1.06
異なる 19 0.24
当院では、PCI(冠動脈ステント留置術)後の術後のフォローアップとして、6か月、3か月後の術後評価を積極的に行っております。また、地域の医療機関と連携して、多くの症例を継続して診ることで、同時に一度当院で治療した部位の再狭窄等の早期発見につなげているため、「手術・処置等の合併症」の「同一」の症例が多くなっております。
更新履歴
平成28年9月30日
Ver27.1 平成27年度初版公開