• 災害拠点病院
  • 地域医療支援病院
  • 厚生労働省指定臨床研修病院

〒349-1105 埼玉県久喜市小右衛門714-6

代表電話0480-52-3611

テキストサイズの変更

HOME >> 診療科部門案内 >> 泌尿器科

診療部 - 泌尿器科

スタッフ

副院長 兼
担当部長
小林 裕
聖マリアンナ医科大学卒
主な診療分野 泌尿器科疾患全般
認定・専門・指導医 日本泌尿器科学会泌尿器科専門医・泌尿器科指導医
臨床研修指導医
緩和ケア研修修了
副担当部長 金光 泉
東京女子医科大学卒
主な診療分野 泌尿器科疾患全般
認定・専門・指導医 日本泌尿器科学会泌尿器科専門医・泌尿器科指導医
医長 小谷 桂子
岐阜大学医学部卒
主な診療分野 泌尿器科疾患全般
認定・専門・指導医 日本泌尿器科学会泌尿器科専門医
臨床研修指導医
緩和ケア研修修了
医員 石山 亮
三重大学医学部卒
主な診療分野 泌尿器科疾患全般
認定・専門・指導医 緩和ケア研修修了

特色・得意分野

尿路腫瘍(副腎腫瘍、腎癌、腎盂尿管癌、膀胱癌、前立腺癌、睾丸腫瘍)、 尿路結石症、前立腺肥大症、尿路感染症(膀胱炎、腎盂腎炎、前立腺炎、性感染症)、 神経因性膀胱、頻尿, 尿失禁(腹圧性尿失禁、切迫性尿失禁など)などを中心に、 疾患について患者様および御家族の方に、十分に説明し納得していただいたうえで、 検査、治療をすすめるように心掛けています。 近年の前立腺癌の増加に伴い早期発見に力を入れています。 また、肉眼的血尿・顕微鏡的血尿の精査、人間ドック・検診等で"再検査の必要あり"と された方の診察も、随時おこなっています。

当科で診る病気

泌尿器科では、腎臓および尿路(腎盂, 尿管, 膀胱, 尿道)、前立腺(男子)、副腎、男子性器 といった臓器の疾患を主な対象としています。

尿路結石症 保存的治療が有効でないと判断された場合は、十分な説明を行ったうえで体外衝撃波砕石術(ESWL)や  経尿道的内視鏡手術(TUL)を行っています。
前立腺肥大症 前立腺癌との鑑別をしたうえで、治療を行っています。薬物療法、手術療法、経過観察が主体です。  病態に応じて、各治療の長所・短所を説明し、できるだけ治療方法は患者側で選択していただくようにしています。  経尿道的前立腺切除術(TUR-P)は、あらかじめ自己血を貯血し手術時に使用(自己血輸血)  するなどの準備をして、10日前後の入院で治療できます。
尿路悪性腫瘍 腎癌・腎盂尿管癌・膀胱癌・前立腺癌・精巣(睾丸)腫瘍・副腎腫瘍・後腹膜腫瘍などを扱います。  良性・悪性の診断を確定したうえで、その悪性度・進行度を評価します。一方患者様の年齢・全身状態を  考慮したうえでそれぞれの症例に適した治療として手術治療・放射線治療・薬物治療を選択していきます。  
尿失禁 いわゆる女性の尿失禁(腹圧性尿失禁)に対しては、パッドテスト、レントゲン検査により、失禁の  タイプ・程度を判定し、運動療法・薬物療法をおこなっています。また、月に一度女性医師による排尿障害外来を行っています。
その他 腎血管系の異常(腎動脈瘤・腎動脈狭窄・ナットクラッカー症候群) ・男性不妊症・性感染症・ED

症例数・治療実績

月平均外来延べ受診数1500人、年間手術件数約400例(うちESWL, TUL100例)