• 災害拠点病院
  • 地域医療支援病院
  • 厚生労働省指定臨床研修病院

〒349-1105 埼玉県久喜市小右衛門714-6

代表電話0480-52-3611

テキストサイズの変更

HOME >> 診療科部門案内 >> 外科

診療部 - 外科

外科手術・治療情報データーベースについて

当院は、一般社団法人 NationalClinicalDatabase(NCD)の外科手術・治療情報データーベース事業に参加しています。
皆様のご理解とご協力をお願い致します。
NCD 詳しくは、こちらをクリック(PDF:171KB)

スタッフ

     副院長
小池 太郎
北海道大学卒
主な診療分野 腹腔鏡下手術(胃・胆嚢・大腸)・外科一般
認定・専門・指導医 日本外科学会外科認定医
日本外科学会外科専門医
日本透析医学会透析専門医
日本透析医学会透析指導医
日本がん治療認定医機構認定医
臨床研修指導医
緩和ケア研修修了
地域医療の充実に貢献できるように努力しています。胃がん・大腸がん・胆石症などの消化器疾患からブラッドアクセス・腎移植などの腎不全関連の手術まで幅広く診療を行っています。患者様の不安を取り除き、ひとつひとつ丁寧に説明し理解していただいた上で、最適な治療を提供させていただきます。
     外科統括部長 兼 手術部長
吉松 和彦
山口大学医学部卒
主な診療分野 消化器外科・外科一般
認定・専門・指導医 日本外科学会外科認定医
日本外科学会外科専門医
日本外科学会外科指導医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
日本消化器外科学会消化器外科認定医
日本消化器外科学会消化器外科専門医
日本消化器外科学会消化器外科指導医
日本大腸肛門病学会大腸肛門病専門医
日本大腸肛門病学会大腸肛門病指導医
日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医
日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡指導医
日本内視鏡外科学会技術認定医
日本がん治療認定医
日本臨床腫瘍学会暫定指導医
ICD認定医(感染症学会・インフェクションコントロールドクター)
緩和ケア研修修了
臨床研修指導医
大腸がん治療が専門です。がんの治療は確実にがんを取りきる「根治手術」が大前提ですが、腹腔鏡手術のような患者さんにやさしい「低侵襲性」や合併症の少ない「安全性」を同時に実現していきたいと考えています。わかりやすい説明で、病状や治療法を十分に理解していただくことをモットーにしています。
副担当部長 浅香 晋一
山口大学医学部卒
主な診療分野 外科一般
認定・専門・指導医 日本外科学会外科指導医
日本外科学会外科専門医
日本外科学会外科認定医
日本消化器外科学会消化器外科専門医
日本消化器外科学会消化器外科認定医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
日本静脈経腸栄養学会認定TNT
臨床研修指導医
緩和ケア研修修了
副担当部長 宮野 裕
聖マリアンナ医科大学卒
主な診療分野 呼吸器外科・外科一般
認定・専門・指導医 日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡指導医
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医
日本外科学会外科指導医
日本外科学会外科専門医
日本呼吸器学会専門医
日本呼吸器外科学会呼吸器外科専門医
臨床研修指導医
緩和ケア研修修了
     副担当部長
伊藤 嘉智
神戸大学医学部卒
主な診療分野 内視鏡外科・消化器外科・外科一般
認定・専門・指導医 日本外科学会外科認定医
日本外科学会外科専門医
日本外科学会外科指導医
日本消化器外科学会消化器外科専門医
日本消化器外科学会消化器外科指導医
日本消化器病学会消化器病専門医
日本乳癌学会乳癌認定医
検診マンモグラフィ読影認定医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
緩和ケア研修修了
患者さんに伝わりやすい説明を心がけ、お一人おひとりに最適の治療方法を考えて診療にあたっています。手術は消化器領域(胃、大腸、胆嚢、鼠径ヘルニアなど)を専門とし、腹腔鏡を用いたきずの小さい手術を中心におこなっています。よろしくお願いいたします。
責任医長 今泉 理枝
東京女子医科大学卒
主な診療分野 外科一般
認定・専門・指導医 日本外科学会外科専門医
日本臨床腎移植学会認定医
日本移植学会認定医
日本透析医学会透析専門医
臨床研修指導医
緩和ケア研修修了
医員 光星 翔太
日本大学医学部卒
主な診療分野 外科一般
認定・専門・指導医  
医員 佐野 恵美
東京女子医科大学卒
主な診療分野 外科一般
認定・専門・指導医 緩和ケア研修修了
医員 上原 咲恵子
聖マリアンナ医科大学卒
主な診療分野 外科一般
認定・専門・指導医  

特色・得意分野

院内の専門各内科と連携し癌から腎臓移植まで幅広い分野に取りくんでいます。 一方で希望により在宅中心静脈栄養、さらにホリスティックな治療法(呼吸法)も提供し単に病を治すのみでなく、QOLの高い 生活を営めるように努力しています。また患者さん自身が前向きに治療を進めるため と疾病予防の観点から、心と身体の関係"病は気から"のパンフレット配付や講演会も 地域で行っています。

治療方針は以下の通りです。

  • 治療法は患者さんと御家族の方への説明を徹底し納得と合意の上で選択するように心掛けています。
  • 早期消化器粘膜癌や進行胆道悪性疾患などでは内視鏡、消化器内科の協力を得て、内視鏡下粘膜切除術(早期胃癌・大腸癌)や内視鏡下切石術(総胆管結石)、内視鏡下ステント留置術などの低侵襲治療を選択しています。
  • 進行癌患者さんの治療には外来化学療法や在宅IVHなどで患者さんのQOLの向上を目指 しています。
  • 胆石症、胆嚢ポリープ、胃癌、大腸癌、虫垂炎に対して腹腔鏡下手術を施行し、気胸、肺癌に対して胸腔鏡下手術を施行し、身体に優しい低侵襲手術を提供しています。

当科で診る病気

地域の中核病院として、幅広く多くの疾患に対応できるように体制を整えています。 肺癌(胸腔鏡下肺切除術)、気胸(胸腔鏡下ブラ切除術)、乳癌、胃癌(腹腔鏡下胃切除術)、胆石症(腹腔鏡下胆のう摘出術)、大腸癌(腹腔鏡下大腸切除術)、肝癌、胆のう癌、膵癌、鼠径・大腿ヘルニア、 虫垂炎(腹腔鏡下虫垂切除術)、痔核、下腿静脈瘤、慢性腎不全(内シャント造設術、人工血管移植術、腎移植術)など