• 災害拠点病院
  • 地域医療支援病院
  • 厚生労働省指定臨床研修病院

〒349-1105 埼玉県久喜市小右衛門714-6

代表電話0480-52-3611

テキストサイズの変更

HOME >> 地域医療連携 >> 病院の???

病院の???

病院の役割についての疑問にお答えします。

地域連携って・・・?

地域の医療機関(医院・診療所))は、症状の軽い患者さんの日頃の健康管理をする役割、検査機器や入院病床を持つ当院のような病院は、重篤な病状など診療所では対応できない患者さんの、手術や検査・入院治療を行なう役割を持っています。 詳しくは、こちら(PDF:224KB

急性期病院って・・・?

「急性期病院」(済生会栗橋病院の地域での役割はこれにあたります)は、生命や身体の危機にある重篤な患者さんの入院治療を主な役割とする病院で、
○ 救急医療
○ 手術に代表される積極的な治療
○ 集中的入院治療
○ 化学療法などの専門的な治療
などを担当するため、高度な医療設備と多くのスタッフが必要条件となります。 
詳しくは、こちら(PDF:180KB

紹介状は必要・・・?

紹介状(診療情報提供書)を持参しないで他医療機関を受診した場合、同じような検査を重 複して受けることにもなりかねません。それは体に負担をかけてしまいますし、時間や医療費の無駄にもつながります。紹介状を持参していただくことは、診断・治療を円滑に進めるために非常に大切なことです。患者さんの『診療情報』を交換し、他の医療機関と共有することで、かかりつけ医と病院との連携が可能となり、患者さんにとって安心できる医療を継続できます。 詳しくは、こちら(PDF:144KB

かかりつけの先生をもちましょう!

かかりつけ医とは、日頃から患者さんのご近所で開業し、患者さんご自身やご家族の健康、病気に対して相談に応じていただいている医院や、診療所等の先生のことです。病気になったり怪我をしたりしたら、まず近所のかかりつけの先生の診察を受けるようにしてください。
詳しくは、こちら(PDF:148KB

地域医療支援病院とは

「地域医療支援病院」とは、平成9年の第三次医療法改正で創設された制度で、紹介患者さんに対する医療提供、医療機器等の共同利用や研修等を通じて「かかりつけ医」を支援し、地域医療体制の中核を担う病院として、都道府県知事から「地域医療支援病院」の名称使用を承認された医療施設のことです。
詳しくは、こちら(PDF:248KB