• 災害拠点病院
  • 地域医療支援病院
  • 厚生労働省指定臨床研修病院

〒349-1105 埼玉県久喜市小右衛門714-6

代表電話0480-52-3611

テキストサイズの変更

HOME >> 受診・面会案内 >> 入院のご案内

入院のご案内

入院手続き
1階の総合受付①番窓口に、次の書類等をご提出ください。
  1. 入院証書
  2. 身元引受人及び連帯保証人各1名をお立てになり、所定の事項をご記入ください。連帯保証人は、万一の場合に入院患者さんに代わり 債務を保証していただける方で、身元引受人とは別に生計を営んでいる方にお願いいたします。


  3. 保険証
  4. 健康保険、労災保険、生活保護法などでご入院の方は、必ず保険証及び健康保険限度額認定証または各証明書、受給者証等をお持ち ください。お持ちにならないと自由診療扱になりますのでご注意ください。老人保健法に該当する方は、老人医療証がないと健康保険でのお取扱ができませんのでご留意ください。

  5. 入院期間の確認と退院証明書
  6. 当院への入院に際して、患者さんが過去3ヶ月以内に他の病院(診療所)に入院していたかを正確に申告することが義務付けられました。 このための調査票にご記入の上、以前の退院に際して「退院証明書」が発行されたいた場合は、ご一緒にご提出ください。 ※同じ病気で病院(診療所)に通算180日を超えて入院される患者さん(精神科は除く)は、健康保険による一部負担金以外に入院費の一部 (入院基本点数の15%)をご負担いただくこと(選定療養費)が法律で定められております。患者さんは入院時にご自分の入院履歴を 正確に病院(診療所)に対して申告することが義務付けられており、入院履歴等について虚偽の申告を行った場合には、それにより 発生する損失について、後日費用の徴収が行われる可能性がありますので十分にご留意ください。

ご用意いただくもの
パジャマ、下着類、洗面・洗髪用具・はきもの(スリッパ、サンダルは転倒の原因となるため、転倒予防シューズなど、かかとのあるはきものを当院では推奨しています。)、タオル、日用品(ティッシュペーパーなど)、湯呑み、はし、 スプーン、印鑑等。

※入院される診療科によりましては、その他にも必要なものがありますので、看護師にお尋ねください。

※他の医療機関で処方されているお薬を服用している方は、そのお薬をお持ちになり看護師又は、主治医にご相談ください。
病院の設備
病室は、患者さんが落ち着いて療養生活をおくれますよう6人部屋から特別室までご用意しております。
個室は、以下の表の通り 1日当たりの差額室料をご負担いただきます。

  付帯設備
差額室料
(1日につき)
(税込)
病  室  数
本館
3階
本館
4階
本館
5階
本館
6階
東館
3階
東館
4階
特室A バス・トイレ・電話 21,600円 - - -   1 1
特室B バス・トイレ・電話 16,200円 - - -   5 5
特室C ユニットバス・トイレ・電話 10,800円 - - -    1 1
特室D ユニットバス・トイレ・ 電話 8,640円 - - -   6 6
特室E バス・トイレ・電話 10,800円 - - - 1 - -
個室A トイレ・電話 7,560円 1 8 8 6 - -
個室B 電話 5,400円 3 - -   - -
2人部屋 トイレ 3,780円 - - -   2 2
2人部屋   1,080円 2 - -   - -
4人部屋 トイレ 540円 - - -   7 7
4人部屋   無料 8 7 7 7 - -
5人部屋   無料 1 - -   - -
6人部屋   無料 - 2 2 2 - -

病棟の設備は、以下のとおりです。

(テレビ)
院内のテレビ・冷蔵庫・特別室・個室に設置されている電話は、ICカード利用による有料となります。 ※特別室・個室のテレビ・冷蔵庫につきましては無料となっております。

(電話)
公衆電話をご利用ください。公衆電話は、病棟・正面玄関・売店横・救急外来出入口に設置してあります。 院内での携帯電話は、医療機器等に影響する恐れがありますのでご利用になれません。 ご利用なさる場合は、携帯電話使用区域でご利用ください。

(洗濯)
ご自宅でできる方はご家族にお願いしてください。 病棟内の洗濯機・乾燥機(有料)をご利用される方は、看護師または看護助手にお尋ねください。

(ICカード)
ICカードは、再利用をしておりますので販売時に保証金として1,000円をお預かりしております。 販売・入金(チャージ)・精算機は、本館1階エレベーター前に設置しております。 入金(チャージ)機については、各病棟ナースステーション前に設置しております。

(貴重品ロッカー)
盗難の恐れがありますので、現金および貴重品はできるだけ持ち込まないでください。 やむを得ない場合は、看護師に連絡の上、病棟に設置してあります貴重品ロッカーをご利用ください。 ※現金・貴重品の盗難や紛失等について、当院では責任を負いかねますのでご了承ください。 ※また、ロッカーキーを紛失されますと、事故防止のため鍵を交換いたします。そのため、紛失した場合は、実費3,780円(税込) をいただきます。
食事について
主治医からの指示により、患者さんの症状に合ったものをご用意いたします。 朝食は8時頃、昼食は12時頃、夕食は18時頃となっています。 特に理由のない限り、毎日朝食時にメニュー表が配付され、翌日の朝食と夕食のメニューが選択できます。

※食事で治療を行っている方もおりますので、他の患者さんに食べ物はお配りにならないようお願いいたします。
服用されているお薬について
他の医療機関で処方されているお薬も含めて現在お薬を服用されている方は、お薬をお持ちになり担当薬剤師、 看護師、主治医に ご相談ください。
安全で快適な入院生活を過ごして頂くために
●入院される患者さんとご家族の方々へ●

<転倒・転落について>
入院生活をする病院環境は、ご自宅での生活環境とは異なります。生活環境の変化や病気による体力低下・運動機能の低下、睡眠薬・安定剤等服用による副作用、スリッパ・サンダルの着用により思いもかけない「転倒・転落」事故が起こることも少なくありません。特に高齢者の方は注意が必要です。結果として、「転倒・転落」による骨折が原因で、深刻な事態をまねく可能性があります。

このため、当院では生活環境を整備しながら「転倒・転落」予防に努め、治療及びケアにあたっております。その一つとして、定期的に「転倒・転落」の危険性について評価をさせていただき、その評価に基づきケガ・骨折の防止のために、安全ベルトや離床センサー、衝撃吸収マット等の介護用品を使用させていただく場合がございます。また、スリッパ、サンダルは転倒の原因となるため、転倒予防シューズなどかかとのある履物を当院では推奨しています。

このように、当院として「転倒・転落」に対し十分なに注意しておりますが、より安全で快適な入院生活を過ごしていただくために患者さんとご家族の方々のご理解とご協力をお願いいたします。ご心配な事がございましたら、遠慮なく担当看護師や担当医にご相談下さい。

【STOP!!転倒・転落防止のセルフチェック】

● 過去に転倒・転落したことがある。
● 夜間トイレに行くことがある。
● 歩行障害・視力障害・聴力障害・ふらつき・めまい等症状がある。
● 高齢である。
● 初めての入院または入院して日が浅い。
● 手術・検査を受けた。
● 睡眠薬・安定剤等の服用がある。
● スリッパ・サンダルを履いている。

※上記項目に該当する方は、「転倒・転落」の危険性が高く、入院中特に注意する必要がありますので、遠慮なく担当看護師や担当医にご相談下さい。
入院費のお支払い
入院費の計算方法は、健康保険法の計算(0時から24時)を基本としています。例えば本日入院されて翌日退院 した場合、入院料と室料は2日分の計算になります。

特別室・個室利用での入院希望の方は、入院料のほかに1日につき差額室料をご負担いただきます。

入院中のお会計は、毎月末日に1カ月分をとりまとめ、翌月10日(休診日の場合は前日)にご請求させていただきます。請求書を お受取りになりましたら、5日以内(退院の場合は退室前)に入退院窓口でお支払いください。 時間外は救急外来受付でもお支払い いただけます。

※領収書は、医療費控除申請等のために大切に保管してください。再発行はできませんのでご注意ください。
※入院費のお支払いは、お支払いには、クレジットカード(VISA・MASTER・JCB・UFJニコス・AMEX)・デビットカードがご利用いただけます。

※入院費のお問い合わせ(概算費用等)は、ナースステーションまたは、総合受付①番窓口にお問い合わせください。
お見舞い・お付添い
面会時間は、12:00~20:00 までとなっております。
お見舞い客案内は、総合受付にて行っております。

夜間・休日は救急外来受付または、防災センターにて行っております。 平成20年8月1日より、安全確保を目的として面会の受付を実施いたします。面会の方々におかれましては、手続き等でご面倒を おかけいたしますが、ご理解とご協力いただきますようお願いいたします。  

面会受付は、正面玄関インフォメーション又は 地域救急センター時間外警備室で行っております。インフォメーションでの受付は、平日12:00~16:00までとなっておりますのでよろしく お願いいたします。  

当院では、入院病棟内での感染予防対策を積極的に行っていますが、ご面会につきましては、以下の点にご留意くださるよう、 ご協力をお願いします。

  • 発熱・嘔吐・下痢等の症状のある方 12歳以下のお子さんの面会は、ご遠慮ください。
    「はしか」・ 「おたふくかぜ」などに感染している可能性があります。
    (事情により面会を希望される場合は、病棟看護師にご相談ください。)
  • 面会時には必ずマスクを着用するようにして下さい。また、お帰りになりましたら、うがい・手洗いを励行してください。
  • 面会時間内でも症状により面会をお断りさせて頂くことがありますので予めご了承ください。面会の方々を介して、院内感染が 生じることをご理解ください。
  • マスクをお忘れの方は、各出入り口の自動販売機をご利用ください。
  • 入院中の付添につきましては、原則として認めておりません。 重症患者さんなどの場合は、ときによりご家族に患者様のそばに いていただくこともあります。